お店のはじまり


文具の楽しさを知ったのは、小学2年生の時でした。


当時、定規を使って直線的な線を描くことがマイブームになっていました。

人、動物、植物、ありとあらゆる物を定規を使って描いていました。

とくに気に入って描いていたのが「ジグザグ」模様でした。

授業中もテスト中も、家に帰っても、暇さえあれば「ジグザグ」を描いていた記憶があります。

学年が上がるにつれ、使う文具も増えていきました。

それぞれ機能が異なる文具に私は夢中になり、気がつくと沢山の文具に囲まれていました。


大学に進学後も、その勢いは止まりませんでした。

いつの間にか周囲から「文具マスター」と呼ばれる用になり、自然と文房具メーカーへの就職を考えるようになりました。


文具への情熱と気合いで、なんとか文具メーカーに就職。

喜びも束の間、向き合わなければならない現実が立ちはだかりました。

日本は不景気真っ只中。

国内の企業が苦戦する中、文房具メーカーも例外ではありませんでした。

一般的な文房具はほとんど売れない状況が続きました。


その為、各企業は売り上げが見込まれる、アイドルやアニメのキャラクターグッズに力を入れていました。

コスト削減の為、商品は全て海外で製造。

その余波で、国内の製造メーカーは次々と倒産に追い込まれました。

値段を押さえる為に文具のクオリティは落ち、私の好きだった質の良い文房具達は次々と姿を消しました。


「今の子供達は、こんな質の悪い文房具と触れ合っているのか…」
そう思った時、日本の未来に危機感を覚えました。

たかが文具と思われるかもしれませんが、幼い頃から触れ合う物だからこそ、質の良い物を使うべきだと私は考えております。

少しずつでもいいから、沢山の人に良い文具を提供したい。

そんな思いが強くなり、文具メーカーを退職。

国内の質の良い文具を提供できる店を作る事を決意しました。


初心に戻るという意味で、幼い頃に夢中になった「ジグザグ」を屋号にし、 「ジグザグ文具店」を2001年12月にお店をオープン致しました。